事業案内

実装基板 検査用プログラム製作

ソフトウェアの検査用プログラム開発

当社では、半導体および実装基板に必要なテストプログラム開発(ソフトウェア)を製造開発しております。ハードウェアの開発も社内で行なっているため、ハードウェアとの相関性に優れた開発が可能です。

IN-CIRCUIT PROGRAMインサーキットプログラム
デジタルインサーキットテスト

デジタルインサーキットテスト

インサーキットテストで考えられるほとんどの項目について検査可能。 オプションユニット(治具に取付け)により、LED(色合いや輝度の自動判定)に対応しております。

■ 保有設備
  • GenRad社(現TERADYNE)デジタルインサーキットテスター(GR-228Xiシリーズ)
  • AFTM(アナログファンクションテストモジュール)
  • Opens Xpressテスト(SMTリード浮き検出)
  • バウンダリスキャンテスト(JTAG機能テスト)に対応可能。
アナログインサーキットテスト

アナログインサーキットテスト

アナログインサーキットテスターの各種に対応可能です。

※個々のテストプログラム開発用の治工具も合わせて一貫生産をしています。 お客様のご用途に応じたオフプレスのハンドル治具及び、コンバーターによるジョイント治具等のカスタム製作も承っております。

■ 対象機種
HIOKI/OKANO/TAKAYA/TESCON 全般
FUNCTION PROGRAMファンクションプログラム
ファンクションプログラム

顧客ニーズに合わせ、様々なテスト仕様に対応可能です。
パソコンやマイコンを使用し、電気的な確認を自動的に行います。パソコンであればEexcel形式ログ出力やラベル出力など検査運用にも対応いたします。

■ パソコン仕様構成
Windows PC、VBプログラム、I/Oボード、PCと通信可能な測定器(オシロ、マルチメータなど)
■ マイコン仕様構成
  • SH2マイコン(デジタルI/O、ADC、シリアル通信)
  • シリアル通信可能な測定器

▲このページの先頭へ

弊社所有テスター                            TESTERS

インサーキットテスター SPEA3030
弊社所有テスター                            TESTERS
実装基板のインサーキットテストで考えられる ほとんどの項目について検査可能
アナログ・デジタル部品 全ての実装基板試験が可能
・各アナログ部品テスト
・各デジタル部品テスト
・オープンピンスキャンテスト(SMTリード浮き検出)
・周波数測定
・バウンダリスキャンテスト(JTAG機能テスト)
・その他

インサーキットテスター用のピン治具製作及びプログラム作成まで一貫体制でサポート致します。
フライングプローブテスター SPEA4030
実装基板のインサーキットテストで考えられる あらゆる項目についてフィクスチャレス(治具不要)で検査可能
アナログ部品・デジタル部品について実装基板試験が可能

・各アナログ部品テスト
・各デジタル部品テスト(Power-ON テスト)
・オープンピンスキャンテスト(SMTリード浮き検出)
・周波数測定
・バウンダリスキャンテスト(JTAG機能テスト)
・その他
 
テスター用テストプログラム作成を一貫体制でサポート致します。
インサーキットテスター GenRad社(現TERADYNE) GR-228X iシリーズ
実装基板のインサーキットテストで考えられる ほとんどの項目について検査可能
アナログ・デジタル部品 全ての実装基板試験が可能
・各アナログ部品テスト
・各デジタル部品テスト
・AFTM(アナログファンクションテストモジュール)
   周波数、周期、タイムインターバル測定など
・Opens Xpressテスト(SMTリード浮き検出)
・バウンダリスキャンテスト(JTAG機能テスト)
・その他

インサーキットテスター用のピン治具製作及びプログラム作成まで一貫体制でサポート致します。
アナログインサーキットテスター(テスコン互換テスター)
検査可能部品
 ・オープン・ショートテスト
 ・抵抗
 ・コンデンサ・コイル
 ・ダイオード
 ・トランジスタ
 ・フォトカプラ・デジタルトランジスタ
 ・コンデンサー極性判別
 ・その他

インサーキットテスター用のピン治具製作及びプログラム作成まで一貫体制でサポート致します。
対象機種
HIOKI/OKANO/TAKAYA/TESCON全般

ファンクションテストプログラム              FUNCTION PROGRAM

パソコン仕様構成
ファンクションテストプログラム              FUNCTION PROGRAM
PC(Windows7)にVisualBasicプログラム、I/Oボードを搭載し
計測器をUSB接続にてリモートコントロールを行います。
I/Oボードで治具回路のリレー制御と検査製品へのデジタル入出力
で製品のファンクションテストを実施します。

試験プログラム操作画面は製品シリアル番号を入力し、STARTボタン
をクリックする事で全試験項目を順次自動で実行します。
各項目の結果を表示し、NGの項目は赤文字表示を行い全体の
結果を表示します。

試験結果はExcel形式のファイルへ保存されます。
Excel形式なのでデータ保管だけでなく集計や分布の解析にも
容易に活用できます。
マイコン仕様構成
PICマイコンを使用し入出力にキャラクタLCDとLEDとブザー、
プッシュスイッチを使用しています。

STARTボタンにて順次試験が実施されます。キャラクタLCDに操作や
目視確認などの指示が表示されます。
確認結果もスイッチで入力し、総合試験結果をLCD、LED、ブザーで
知らせます。

ハンドプレス治具筐体内にマイコン搭載基板を設置しています。
1つの筐体にまとめられているので、省スペースで電源のみで場所
を選ばず、基板試験を実施できます。

▲このページの先頭へ

実装基板 検査用プログラム製作 TOP